未分類

「ワクチンは若い人からの方が効率がいいんじゃないか?」とひねくれ我が連れ合いが申し候! 

 元気でコロナウイルスを持っていても「無症状」な若い人が行動も活発であるならば、若い人からワクチン接種をしたほうがいいのではないかと少しひねくれ者の我が連れ合いは家の中で申しております。

 先日もマンションのエレベーターの中で一緒になった、その方も60歳代後半で病気治療中で病院に入ったり、出たりの男性にその説を話したらしいです。まあね、「それもそうですね。」とおっしゃったと連れ合いは言っていましたが、反論する必要もなくて頷かれたのかもしれませんし。

 比較的、高齢者はあまり外にでないように努めているのではないかなという推論からすると、じっとしてもいられない年代層からワクチン接種もありかなとは思いますが、仮にそれを実施したら「年寄は後回しか!」と怒る人もでてこないとも限らず、難しい判断ではありますね。

 夫婦だからではなく、それどころか結構いつもは私が連れ合いに反論することも多いのですが、この件には一理あるかなと思いました。ただ、先に書きましたように、「年寄は後回しか!」と怒る人が出てくるのは必須かとも。政府も免疫力の下がっている高齢者からと妥当な判断をしてのことでしょう。抗がん剤を打っている連れ合いがそういうのには、私としては賛成ではありますが、今になって順番を変えることを政府はしないでしょうね。(もちろん、ごまめの歯ぎしりではない「ごまめのつぶやき」は届くことはありませんので)

================

にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。