未分類

アフガニスタンでは音楽❌女性の仕事❌そんなこという神様がいることに(@_@)

 伝統音楽を歌っていたからと、銃殺されたというではありませんか。女性が働くことも許されず、美容院のポスターの美しい女性の姿を黒く塗りつぶしている報道写真にも、日本で暮らしていると信じられないことばかりです。

 街なかであの銃の名称は知らないですが、あんな大きな銃を持ってあちこちに立っているというだけで異常な事態です。その銃も国民を守るための銃ではなくて、国民に向けられる銃なのですから恐怖以外のなにものでもないですよね。

 そんな国家、国家と呼べるものなのかもわかりませんが、アメリカの多くの兵士にも大変危険な土地だったとは思うのですが。

 たった20年の民主主義の時代をもとの黙阿弥にされてしまったアフガニスタンの人々の恐怖、命の危機の恐怖、生活の恐怖、将来の、、

 命の恐怖があっては、将来は考えられないのではと。そんな暗黒の世界に残されてしまったら私は、、、無理ですね。考えも及ばない世界ですので。

 想像を絶する国がこの地球上にあるのだと、一筋縄ではいかない世界情勢。

 ネットに向かって、「フニャ〜」とあくびをしている私です。申し訳ないと思ってしまいます。アフガンの女性には国から脱出してもらいたいと。日本大使館に関係していたアフガニスタン人の方たちや、JICAの残されている日本人とその関係するアフガニスタン人の人たちも早く脱出できますように。

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。