未分類

カレンダーをまた1枚破りまして..

 速い⚠ 恐ろしいほどに速くて❢ 1週間があっけなく飛び去って、1ヶ月が破れてめくれて、どこか空の彼方に消えて。。

 今はまだ自分の足で歩けて、行こうと思えば自転車をこいで、電車に乗って。。

 食べることも出来て、病院に行かなくても良くて、何かが人しれず静かに進行していないと勝手に思っていて。。

 音楽は聴き続けていて、歌は家の中で歌っていて、今朝のように地球の躍動に揺さぶられて、アッと驚いて、でも楽観主義者のように振る舞って、いつか来る地球の活動の前には打ちひしがれることも少しはわかっているつもりでいて。。

 今も聴こえている救急車のサイレンに思いをはせて、自分もあのサイレンの音の車の中にいたことを思い出して、鏡に映る顔は紛れもなく私であって私?と心の中では認めたくなくて、眉を描き足して。。

 かくも軽佻浮薄に時間だけは流れ星のように落ちていって。。

 存在していることを許されているのがなにかのためになっているのかと自問して、そうしている今も時計の針は止まらず律儀に動いていって。。

 後2ヶ月で新しい年が新しい顔で待っていてくれる気がしている図々しい私と付き合っていくしか他に何もなくて、こうして生かされて。。

 秋風にすすきが揺れるのを見られることをありがたくこのときを満喫するために、今日という日が始まっています❣

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。