未分類

ジャケットを置き忘れてまだ出てきませんわ(;_;)

 私が日本橋のデパートで働いていたプレタポルテのイタリアデザイナーの白いジャケット、年数は経っているのですが、お気に入りだったのです!昨日は日中暑くて脱いでしまっていてショッピングモールを娘とウインドウショッピングをしながら歩き回っていました。娘からランチのお誘いを受けてでかけたのですが。インフォメーションセンターに問い合わせても届け出はないとのことでした。娘が「お財布ならともかく他人のジャケットを着る人なんているのかしら?」と不思議そうに言っていましたが、私は今の風潮を見ていると何でも古着でもメルカリ等で売れる時代だから「ラッキー!」と思う人がいてもおかしくはないなとも思っていました。そうでなければ届け出があるのではとね。

 忘れた私のミスなので、致し方なしと言ったところなんですが、お気に入りって未練がましくなるものですわ(´・ω・`)また、お気に入りをなくすのも常なんですね。お気に入りでなければとっくに処分しているか、着てでかけないのですから。まして、ジャケットの可愛いファスナーつきのポケットに自転車の鍵をいれていたのですから、やっちゃいましたって感じ!

 お陰様で昨日は1万歩以上歩くことができまして、いい運動にはなりましたけれどね。自転車の鍵はスペアがあったのでいいのですが、もうなくせないです。私の必要不可欠な愛車ですから。

 結構ドジをやらかすそそっかしい私なのですが、まあお財布をなくしたのとは大違いなので諦めましょう!でも私のジャケットを手にしてポケットに自転車の鍵を見たその人は「困ってるんじゃないかな?」とは思わないんでしょうかね?人のものを取る心境は経験したことがないもので。

 「最近やっぱり老化現象も〜」とついぼやいたんですよ。娘にね。「老化」のせいにして自分のいつものドジを棚にあげようと卑怯なことをおもいついたんでしょうか笑 娘から「頭はそんなに老化しないってよ!」といさめられましたわ(-_-;)へえ、そうなんだ、老化しないんだ、それは朗報です😊

================

にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。