未分類 PR

マイナンバーカードと熊の混乱

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 人の大事な情報を1枚のカードに集約するのは慎重にしなければいけないはずが、その仕事をする人間にミスはつきものです。

 昨年の山口県阿武町における4630万円のコロナ給付金誤送金のように、ボタン一つ押すだけですので、いとも簡単に起きうることです。振込先を確認して、違う人の目でも確認してもらう慎重さがあれば防げたのではと思いましたけど。  

 マイナンバーカードはポイントという形でお金を払いますよとせかしてなされましたが。まだ実態の整備ができていないので怖いことにつながっているのではと、明日は我が身にもと身構えてしまっている私です。

 マイナンバーカードに懐疑心をもちながら、どっちみちしなきゃいけないんだったら~ええい!と昨年12月末に駆け込みで紐づけ手続きに市役所まで行ったのですから。

 熊出没で大けがをされたり、最悪の結果が釣りをされていた男性の身の上に起きてしまって大変な脅威を感じています。東北・北海道の方々は日々の暮らしに大きな不安が降りかかってきて大変だろうなと。

 かたや人間がしているシステム整備の不具合による混乱した状態。熊が街に出てくるのは自然災害や人間の人間による自然を軽視する行為によって、熊の生命維持に悪影響を与えて起こる危険なのではないかと思うのですが。

 まったく違うことのようで、その根っこは人間が起こしているという共通項があるのではないでしょうか。

 地球上に異常な水害・災害が起きていることの原因はやはり人間が自然と共存しようとする姿勢が変化してきて我が物顔で森林を伐採し、山を崩して家を建てたりしてきた結果ではと思っても、もう時すでに遅しですか?!

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です