未分類

人間て、というか私、来年も生きていると思っているのかと自問してしまいます。図々しくも、ね!

 明日もわからないと言いながら。。

 でも、セールになっている洋服を来年用にと買うことはなくなっています。もう少し前までは平気で安くなってるから来年着られるかなと思うことがありましたが。こんなご時世だからでしょうかねえ。歳だからと両方ですかね。今ある物を着ては洗って古ぼけてきたら袋に入れてリサイクル用に持って行ってもらえるので、その置き場所に持っていっています。

 浴衣もクリーニング屋さんできちんとプレスしてもらったのがあるのですが、盆踊りもなくて。リサイクルショップに電話で聞いてみたら「子供用の浴衣だけ引き取りますが、大人のは受けていません。」ですって。

 日本の民族衣装なのに、なんて邪険なことと思いましたが、若い娘さんは可愛い花柄とかが着たいのでしょうね。昔ながらの藍染の白と藍のシンプルな柄の浴衣はもはや値打ちのない骨董品なんだと自分に言い聞かせています。どうしたものかと迷い中です^^;

 昔の人は、浴衣は私もですが母が赤ん坊のおむつにしてくれて最後まで使い切ったものです。着物の良さは解いてしまえば長方形の布になっていろんな活用ができるというところです。絹の着物もお布団の木綿綿の打ち直しをしては着物で布団の綿をくるんでしまって、ハイ出来上がり!とかね。

 洋画でよくブロンドの美女がガウン代わりに着物を羽織っているのを見て「素敵❣」と思ったものですが、日本女性があれを真似しても素敵じゃないのが悲しいですぅ😢

 こんなに民族衣装を軽んじるなんてねえ。成人式の若い女性たちが華やかにお召しになるだけ救いですか^_^

 今年の秋、冬を越して新しい年を迎えられますかね。また、一つ歳をとりますけれど。

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。