未分類 PR

侍Japan「負ければ終わる」は言わなくても。

Space Station View of Noctilucent Clouds
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 勝負を今からしようというときに、どうして「負ければ終わる。」と言うのかと私は不快に思って聞いていました。

 ゲン担ぎをするものなのに。栗山監督がおっしゃったので、免罪符のようにコメンテイターもしつこいほど「負ければ終わる。」を繰り返していました。

 「さあ、勝ってマイアミに行きましょう!」とどうしておっしゃらないのか、不思議で仕方がありませんでした。

 言葉は「言霊」ですよ。

 今の日本は前向きな表現をしないような傾向にあるのでしょうか。

 まあね、結果は勝利に終わってブラボーでしたけど。私は気がつくと息を呑んで、手に💦かいていて。深呼吸しながら見ていました。「勝つ✌」と信じて。大谷君のあの気迫はすさまじかったです。

 まだまだ、マイアミで全力投球!チーム一丸で。応援していますよ。「負ければ終わる。」なんて言いません。そんなこと「言わずもがな」ですもの。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です