未分類

入管法改正案が見送りになりましたが。

 ひとまずは良かったと。しかし、又いつ再燃するのかは不明です。ウイグル人大虐殺とは規模が違うというだけで、自国で生命の危険を察知して助かりたい一心で日本に逃げてきた人に対してこんな人間として許されない残酷なことをしていいはずがありません。というか、日本人がここまで冷酷に不法滞在者だからという理由で死に至らしめるまでの非道なことをするのが恐ろしくてなりません。

 日本人はこうも高圧的に暴力的になるんだと(閉塞された収容所という監獄では)これは日本政府の基本姿勢の表れと見ていいのでしょうかね。最悪死んでも構わないと。

 日本ってこんな国だったんだと、身震いする思いです。そして、不法滞在者の多くが犯罪者だと言わんばかりの報道にも一方的な国民に対しての弁明に聞こえます。日本人にも犯罪者はいますよ。

 東南アジアの方で貧困から脱却したいと願う人を美味しいことばかり並べて、多額の借金をさせて日本に送り込む輩がいるんですよね、かたや。今は少し加熱報道しなくなりましたが、日本語学校とは名ばかりのとにかく詰め込んで、授業料との名目で搾取する学校とは言えない団体もありましたね。現地と日本双方で搾取しているのですからひどいなんて言葉では済まされないことでした。過去形でなく、今も似たようなことが進行形で起きていると思います。介護の分野、俗に他の3Kと言われる分野に外国人を雇いましょうといった方向で政府も主導していたと記憶にあります。

 都合のいいことでは受け入れて、後は迷惑だとばかりのエゲツないやり方です。そのくせ、隣の国からはズブズブに入ってきてあくどいことをしているのは見過ごしですか。日本にはスパイ法もないですからね。アメリカではここ5年ほど、マイクロ波と見られる身体、おもに頭に障害を受ける事例が多発しているとか。インドの兵士も「まるで電子レンジに頭をつっこんでいるような攻撃を受けた。」と最近の報道で目にしました。

 弱い立場の人の人権を守れる日本であってほしいと切望するのみです。

================

にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。