未分類

千葉の小1年生の女児の行方不明に胸が痛みます

私は45年まえの当時幼稚園児だった娘の誘拐未遂を思い出して、全く他人事とは思えません。やはり公園でした。近くの公園に2歳の弟と遊びに行っていて、お菓子につられてついて行ったのを息子から聞いて、血の気が引きました。すぐ110番して着衣の質問に答えて。

3台か4台のパトカーがサイレンを鳴らして早かったのをまだ覚えています。

生きた心地がしないでいた時間はわかりませんでした。

ただ、パトカーからキョトンとした顔で降りてきた娘を見たとき駆け寄って抱きしめて号泣したのは覚えています。

今これを書きながらも涙が滲んできます。

110番する前だったか、最悪の事態の映像が脳裏に浮かんだのもハッキリ焼き付けられた写真のように脳裏から消えません。

今元気で暮らしている娘と、息子に感謝の日々です。2歳の息子が公園から帰ってきて教えてくれたからこそなのです。今こうしていられるのは。

無事に見つかって欲しいと願っています。キックボードの好きな元気な女の子が。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。