未分類 PR

大手不動産が施工不良タワマンを販売ですか?だましたもの勝ちの世の中なの?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 今、ヤフーニュースで「FRIDAY]6月18日号掲載の小金井市の超高級タワーマンションの施工不良案件。

 階上の足音がうるさいと言うことから、管理組合の一人の方が民間検査会社「日本建築検査研究所」に調査を依頼されたことからまず防音にとどまらず、次々に他の欠陥もみつかったそうです。まず①防音設備 ②耐火設備 ③耐水設備 に欠陥があったとのことです。1億円近い物件価格から2億円に近い価格の出来たばかりの、それも清水建設です。

 まあ名前の知られた大手と言われる企業が2社揃って、上の階の足音がうるさい超高級タワーマンションって!私は転勤でアパートにも暮らしたことがありますので、引き戸の開け締めの音も響いてきた経験はしていますが。1億円近いマンションでそれはないでしょうに。まして耐火設備の欠陥は怖いです。まだ販売中のようで、住民への説明会で野村不動産と清水建設の両責任者が専門用語を並べ立ててはぐらかす、煙に巻くような対応?!チェック項目から抜けていた、手元が暗くて確認が不十分だったなど素人が聞いても呆れますよね。その上、資産価値を守るためと平気で言ってマンション購入者に口止めもしたと購入者の60歳後半の男性が肩を落として、「まさかこんな大手の会社が?!」と落胆されているとあります。

 どうなってるんです?以前大手と言われた企業の質の低下ぶりは目にあまるものがありますね。ついこの前に思いますが、横浜でも大手の販売したマンションが傾いて、基礎工事の手抜きがみつかって全戸引っ越して直すだとか〜そのときも住んでいらした方々が信頼して購入したと言ってらしたですよね。

 オレオレ詐欺が横行していると警察も自治体も警鐘を鳴らして、注意をうながしますが、こんな大規模な詐欺に近い行為にはどう対応されるのでしょうか。購入者だけで頑張れ!となるのか?なんだか、国民の安全、安心を守ると口上だけのトップだと、その根拠のない無責任菌が蔓延するのかしら?と怖くなります。

 野村不動産の販売するマンションには「プラウド」との名称がつかわれているようですが、「プラウド」とは「誇り」という意味でしたっけ?皮肉にも「誇り」はどっかへ飛び散っていますかしら?![proud]には思い上がった、高慢な、の意味もあるようです。まさに大手企業故のおごりはパワハラを生み、ゆるみを生じて、顧客のことを考えること無く、利益優先、利潤追求に突き進む事例が増えている直近の不祥事だと思います。

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です