未分類

実態が見えてきつつあり、背筋がこおります

pink petaled flowers blooming during daytime

8日に「ここまで狙われていたのを知らなかった」と書きましたが。

今夕の報道で、「国会議員を統一教会の意のままにして、日本の国家予算を寄付させる」などと途方も無い事を言っていたと聞いた時、全身がゾワゾワして手がふるえるほどのおぞましさを感じてしまいました。

その話をした人が虚偽の作り話をされていたかどうかはわかりません。

しかし、市議から大学の学生、多岐に渡り浸透させようとしている事実はあるようです。

そんなことを放置していていいわけがありません。いくら日本人が穏やかだとて、これは今ここにある進行形の危機です。

山際議員が大臣からコロナ担当に変わって済まそうというのもまったくもって腑に落ちない話です。

ロシアから侵攻されているウクライナとは違う形で、じわじわと侵攻されているのです。

「マインドコントロールの定義が困難。」などと机上の空論を戦わしているあいだに日本人がどうなってもいいのですか?

家庭が破壊されて、財産も「寄付」という形で巻き上げられて困窮している方がいらっしゃるのも事実のようです。ようです、というのは私が自分の目で足で確認したことではないのでそう書くしかありません。

ぜひ統一教会に「解散命令」を出してください。声をあげていらっしゃる方を救済してあげなければ、国家として成り立ちません。

私は日本人です。統一教会の奴隷になる気はありません。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。