未分類 PR

我が家で二人のどちらかが感染したら?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 隔離なんてできるはずもありません。政治家のお偉方は広い邸宅に住んでおられるのでしょうが、うさぎ小屋ではどうにもできません。共倒れです。

 若い方で一人暮らしの方ではどうやって水を飲んだり、命を守るために食べるいうことも倦怠感がひどくて高熱が出たりしたらできないということぐらいわかりますよね。

 そんなことも知らないふりで「自宅療養」などと言葉遊びをしている場合じゃないです。はっきり言って、「亡くなっても仕方がない。」ということですよね。

 「自宅での感染を防ぐ方法」などと広報CMを流して、感染拡大防止のための仕事をした気分になっていらっしゃるのではないでしょうか?と思いながら、見ていますが情けなくなります。

 「蔓延防止」「緊急事態」と文言を変えたとて、コロナは容赦なく広がるばかりです。

 イギリスの野戦病院形態の病院を政府の方針で手早く作られた報道を最近見ましたが、日本は何も動かずに、会議や中身の変わらない会見を作文の棒読みでしておられていて、どうされるおつもりなのか。見殺しですか?!

 まだIOCのバッハ氏も来日とか、そちらには丁重におもてなしをしながら〜

 30歳代や40歳代の方が自宅で亡くなるのを聞いてもいないで、会議の連続をしているのでしたら、あんたたちいてもいなくてもいい存在でしょ!と申し上げたいです。

 「国民の安心・安全」などともう聞きたくもありません。嘘ばっかり!!

 昨日書きましたように、こんなに生きている実感を持つことは未だかってなかったことです。無能なお偉方のおかげで。

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です