未分類 PR

料理の味つけは目分量の私

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 最近はレシピ本等が多く出回っているようですが、たまにテレビの料理番組を見て「なるほどねえ。これは思いつかない組み合わせだわ。」と面白いヒントを得ることもあるので、いいとは思いますけれど。

 牛筋煮込みを久しぶりに作って、娘宅に中鍋いっぱい分を持ち帰ってもらいました。

 牛筋1キロをごぼう1本、レンコン、ニンジン、大きなこんにゃく1枚と煮るのですが。味付けは目分量です。計って入れたことがないので、毎回微妙に味が違うと私の舌で感じるのみ。

 圧力鍋で解凍した牛筋をニンニク数片と、しょうがの薄切り(多めに入れます)焼酎をドバドバと入れ、もちろん水も加えますが。焼酎のほうが多いほど入れないと肉の臭みを感じる気がします。前回作った時は焼酎をなぜか少なく入れたために少し臭みが残っていました。

 そうした失敗も反省しながら、あとは小皿にとって味見をしながら作ります。

 ほとんど私は食べないことが多いのです。作った煮込みを冷凍して息子のところに送ったり、娘にお鍋持参でとりに来てもらったり。

 昨年妹の家にお世話になった後、作った牛筋煮込みを冷凍して送って食べてもらいましたが。冷凍した煮込みを食べたことのない私は、一つ気になっていたのが野菜の変化でした。

 姪っこにメールで「冷凍したのを解凍して食べたことがないのよ。どうだった?」と尋ねてみたのです。「うん、ニンジンが少ししんなりしてたくらいで、美味しかったよ。おばちゃん。」と返信が来ました。やっぱり、ニンジンはそうなるのよねと納得でした。ごぼうもレンコンも変化はないでしょうと思っていたので。

 いつまで作れるかなと思いながら、また都内まで牛筋を3~4キロ買い出しに行かないとと思っています。美味しいと食べてもらえるのは嬉しいことですからね。

 残念なのは、レシピを残せないことだけですね。 

 残っている煮汁にお豆腐と白滝、エリンギを入れて煮てみました。今朝見るとコラーゲン成分が「煮凝り」のようにトロンとしていて、関節などに良さそうです。この3つの組み合わせも冷蔵庫に入っていたのの寄せ集めです。私はレシピ本に縁がなさそうですね。

 そのお豆腐を入れた写真を撮ろうと、スマホを向けてみましたが。茶色い中にお豆腐の白とエリンギの色だけなので撮影は止めました。やっぱりインスタむきじゃない料理ですからね。美味しくても。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です