未分類

日本の国はどこへ向かうのでしょう

 以前なら「円安」はたまに行く海外旅行のときの両替に不利だなあというレベルの話にしか思っていなかった浅はかな私でしたが。

 大企業と言われる名だたる企業の不祥事が続き、日本はどうなってるの?どうしちゃったの?と私ごときでも思わざるを得ない今。 

 若い人たちが活躍されているのを耳にしては、期待感を持ってはいるんですよ。

 国連に拠出している金額は高くても、未だ敗戦国は常任理事国になれないというのもねえ。いつまで敗戦国はそんな扱いをされ続けていくのでしょうか。

 その日本で円安が続くのは淋しい限りですし、輸入に頼っているぶん物価も上がりますしね。

 海外に工場を移して日本の技術は流出の一途。なんですか、日本って「ゆるい」のか「やさしい」のかわからなくなっています。

 北欧の課税率は高いけれど社会保証がきちんとしている国と日本の違いは「政府に対する信頼度」が違うのだと書いている方もいらして、「なるほど。」

 やっぱりまだ「お上」のやることに従う秩序正しき日本は変わらず?!

 秩序が正しい事は悪くはないですが、単に横並びに揃えるだけではどうですかね。

 また横道にそれるようですが、12歳の天才ドラマーのよよかちゃんがアメリカに家族で移住するという記事を読みました。「日本は答えがはじめから決められている感じがする。」と12歳の女の子が感じるそうです。彼女はアメリカや海外でドラマーとして演奏していて違いを肌で感じたようです。

 一概に日本は悪い、海外がいいという話ではなく時代とともに良いところは取り入れて変化していかないと行けないのではと思うのです。日本の優れたところをもっと伸ばして行く努力も必要だとも。

 私は知らないことが多いので、知らないところで努力されている方々ごめんなさい。

 7人に1人の子どもが貧困だとか、近頃の日本は心が痛むことが増えてきていると感じています。 

 テレビのテロップで北海道に地震、関東はもちろん地震は多いですし、先日の関東の地震のあとで関西の友人が京都が震源地で夜中の12時頃揺れたんよとメールが着ていました。 

 コロナ禍もなかなか終焉が見えず、感染者数は多いですね。マスクの顔ばかりお互いに見ていると、マスクを取ったときにわからなくなるのでは?という笑えないことになるのではと思いながら、マスクを買い足しています。

 悲観的にばかりなっているわけではないです。日本に生まれたのですから日本が上向きになっていってほしいと願っているのです。

 (これを書いていたときに、赤坂議員宿舎値下げの件が目に止まりましたので、先に出しましたが。ハア、情けない輩ばかりで日本はさまようんですね)

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。