未分類

最近体重が減少している不思議?!

 現役で働いていた頃は51kのまま増えることのなかった体重がドンドン右肩上がりに増えてきていたんですね。ありがたくないことに。

 全くありがたくなかったわけではない点は以前にも書きましたが、代謝がよくなったのか寒がりではなくなったこと。体温も35度2分しかなくて、漢方医にかかってみたりしても、1分も上がらなかった体温が36度に。

 最近はお店に入るときにピッと体温が表示されるので、「えっ、36度?体温が上がったの?」と驚きましたわ。風邪ッ引き体質だったのになんと❣全く病院のお世話にならないでいます。

 もともとの51kの体重は「痩せすぎ」ラインだったのですが。友人に体重を言うと「えっ!そんなに少ないの?」とよく言われてはいましたのでね。その頃は風邪も引くし、わけのわからない病気にもかかって入院もしましたね。 

 とはいえ、ドンドンうなぎ登りに体重計に乗るのが怖い(-.-;)ほどに増えていくのも現実問題、着られるパンツ(ズボンのことです。お間違いなきよう。)が無くなっていくのですから。ジーンズは「うわ!ボタンがあ〜はいらない!苦しいィ(T_T)」」と悲しくなることの連続でした。ゴムの入ったパンツでないと耐えられないことになり、「まあ、元気なんだからしようがないかなあ。」と観念。お手上げの状態に。

 ある日、フッと「そう言えば最近ビタミン剤を飲まなくなっていたよねえ。」私は口唇ヘルペスを子供の頃からもっていて、よく熱がでたあとに口の周りにヘルペスができたものでした。酷いときは鼻の中にまで広がって鼻の中がカサブタでふさがるほどに。ヘルペスも水疱ができるのですが、その水疱の中にヘルペスウイルスがあるそうで、水疱が潰れるとウイルスが広がっていくやっかいなものでした。

 自分で何度もヘルペスができると、唇の上がムズムズしてくる感覚で「あっ、ヘルペスができる!」とわかったものです。若い時は顔の真ん中にできるヘルペスが嫌で仕方がなかったです。治った後もケロイド状に残りしばらくは代謝で消えるのを待つだけ。若き乙女は悩んだものでした^^;

 たまたま会った薬剤師の女性が「あなたは自分の体の中でビタミンBがつくれない体質のようね。ビタミンBをサプリで摂ったほうがいいわね。」との一言でずっと欠かさず飲んでいたのです。

 喉元過ぎればのことわざ通り、最近はヘルペスの薬も塗り薬や飲薬も出来て「少し唇の上に薄く赤みが〜。これはヘルペスの兆候だわ。」と思うと塗るのです。てきめんに効果ありで治まってくれるようになって、このところ数年ビタミンBを含むマルチビタミンを飲んでいませんでした。

 年齢とともに代謝が落ちるのだと自分で納得していたのですが、思い立って数年ぶりにビタミン剤を購入しました。もう2ヶ月ほどになるでしょうか。ここに来て体重が落ちて来ているんです。ビタミン剤だけじゃないのかもしれません。歩くのも意識して以前よりするようになりましたし。

 これは年齢なのか、不思議なくらいに以前の食事量でも満腹感がきてしまうのです。なので、気持ちとしては「私も歳なのかしら?!」極端に言えば「食べる人は元気」の定説からすると「もう寿命が来つつあるのかなあ」とも思ったりします。こればっかりは神のみぞ知るの領域なので、なんともですが。

 ビタミンBは確かに代謝を良くするとあります。以前はヘルペス予防の意味で摂取していただけでした。少しは代謝が良くなっているのか、気休めなのか、断定は出来ませんが。今朝体重計に乗ったら、60K近くになっていた体重が56・4Kに!さすがに(*_*)

 相変わらず寒がりでなくなくなったままですし、体調が悪いこともありません。私は医師ではないので結論はでませんが、痩せすぎでもなくこのまま医者知らずで暮らせるならありがたいと思うのみですわ😊

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。