未分類

母国に帰ると「死」入管の現状は?

 私自身も詳しいことはわからないのが実情です。ですが、本当に見逃してしまうほどしか私達に情報は入ってきていませんので、知る方法がないのです。日本に暮らしている外国人を難民として受け入れるのかという問題のようですが、日本は難民申請をしている外国人の1%しか「難民」として受け入れはしていないのが今の現実のようです。国際的にも日本のその姿勢を批判されているようですが、現国会で今審議中なのは難民として認めず強制送還させる方向のようです。30年日本に暮らしてきた中東の男性が「国に強制送還されれば死ぬだけだ!」と悲痛な声をあげている報道を見ましたが、日本人の女性弁護士が奮闘して強制送還をなんとか阻止しようとその法案の見直しを求めているのも報道はされていたのです。

 今、日本の名古屋の入管でまだ若いスリランカの女性が亡くなったとの報道を見たんです。入管とはいわば刑務所のように監視されてもちろん自由はない過酷な状態に置かれるということなのだと思います。それゆえにうつ病とか精神的に追い詰められて自殺する外国人もおられるという侵入ルポの映像を以前に見たことがありまして、頭のすみにひっかかってはいました。このコロナ禍の巣ごもりでさえ精神的にいびつな状態を経験しているのですから、平和ボケしている日本のような国ばかりではない「強制送還されたら死がまっているだけ!」の国もあるのが事実ではないのかと。この報道は本当に数分の短いもので、あまり関心を持っている人は多くないのではないかと思っていますし、入管は人里離れた刑務所の如き建物なので普通に生活していると知り得ないで終わってしまうのが今の現状ですよね。

 ですが、人間の命です!日本の国内でどういった理由であれ不当に死に至らしめるほどに収監していていいのでしょうか?あまり表沙汰にならないからいいというものではないですよね。日本という一応民主主義国家として成り立つ国のすることではないのではないかと疑問を持っています。国家間の取り決めや私などには知り得ない政治的なものがあるとしても、人の生命を軽んじていいわけはないはずです。私は自分が仮に外国へ逃げるようなことになって〜と自分に置き換えて考えてしまうのです。そのときにこんな仕打ちを受けて死ぬのは無念だし、許されないことではないのかと。

 海外から日本に旅行に来てお金を落としてくれるのはありがたいけれど、難民は受け入れない。ですが、富裕な外国人は日本国内で不動産を所有したり好きなように出来ているのですから、お金持ちはどこの国の人でもOK なのでしょうか?貧乏人はどうでもいいのですか?日本政府の、コロナ禍の国民の生命、安全の確保の方針の不確かさと妙に符号するような危惧を感じてしまいます。まず、人の命です!

================

にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です