未分類

眠れないまま、戸籍課宛にメールして午前2時。

 戸籍がどれほど重要なものか、勝手に「俗字」だから変えましたはありえないし、それでいてその連絡もしてこないのもありえないことです。

 5年前のマイナンバーカードは市役所が「俗字」という名前で作ってあるのに、です。

 こんな内容で名前の字を変えられることの衝撃はされた人には強烈なものだと思い至らないのが、私としては理解ができなくて、どうしてももちろん承諾できないことでしたから。

 解せないままお風呂に入っても、お風呂のお湯で溶けるものではないですし。午前2時になっていました。

 今朝、連れ合いも元気がないです。顔を見るとわかりますし、全く声も発しません。

 その戸籍の変更のために5年後の総務省からの継続を勧める内容の封書も届かなかったのではないでしょうか。私にだけ封書がきていて不思議だったのです。健康保険証も、保険も、すべての大事なものに影響がでてくるのではないかと思うと、じっとはしていられません。

 市役所からどう言ってみえるかが問題です。

 私にできることはすべてやる気で、私はいます。

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。