未分類 PR

私の酸素飽和度は低いです。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 コロナ禍に入った初期に息子が「パルスオキシメーター」を送ってくれたので、たまに測るのです。送ってこられたときは「これって何?」とわからなかったくらいでしたけれど。

 先ほど、測ってみたら96とか、脈拍は70。連れ合いに「それは低いだろう。」と言われて思い出したことがありました。 

 コロナ禍の前、普通に暮らしていた時に歯科医院で「唾液腺」に「石」が詰まっているとレントゲンを見せていただいて「これは唾石です。手術が必要ですから、紹介状を書きます。」と。

 結果、色々ありまして私が判断して紹介状の病院ではない横浜の病院で全身麻酔(生まれて初めての全身麻酔でした。)で1ミリ径の唾液腺のなかの8ミリ台の石を切開して取り出していただきました。夕方の手術が終わって麻酔が切れた夜に看護師の方が頻繁に様子を見に来てくださいました。夜中に「酸素量が低いので酸素吸入器をつけますね。」と。そのときに人差し指につけられていたのが「パルスオキシメーター」だったんです。

 全くもうろうとしていて、記憶の彼方にとんでいってました。

 コロナに感染していなくても、私の酸素量は低かったんだと。血圧も低くて上が98ですので、素人考えですが「私は心臓からトックントックンとしか血液が流れていなんじゃないのかな。」と思っていました。

 連れ合いは高血圧で現在は降圧剤を服用してる人なので「私からすると、ドコドコドコと血液はすごい勢いでながれてるんじゃない?」と。

 関係があるのかないのか、私はマスクをしてるとだんだん息苦しくなって辛いのですが、連れ合いは「なんともないぞ。」と平然としています。

 こんな私がコロナに感染したらどうなるのかと、酸素吸入は必須でしょうね。

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です