未分類

私の駄文ではお小遣いは稼げません😢

 つれづれに書いている私ごときが言うことではないのも承知の上で、1円硬貨のありがたみをことさらに感じます。CMをクリックしてくださると1円だとか。たまに1円が入っていると、「ありがとうございます。」と言葉に出している私です(^_^;)

 普段、カード払いだったりスマホのアプリでの支払いなどで70歳の私でさえ現金を使う機会は以前より減っています。

 子どもたちが「お釣りって何?」と言うとか、記事になっていましたけれど、ドンドンそうなっていくのでしょうねえ。 

 そんな中で私の駄文に寄付をしてくださっているわけではなく、その画面のCMをクリックしてくださることで1円が加算されるとか。私は正直息子の勧めでこの「ブログ」なるものを始めました。息子がこちらに帰って来るたびに、私がいろいろ話をするので「お母さん、僕が帰った時にあれだけ話すんだから、書けるでしょ?」がきっかけでした。

 私の関心事は多岐にわたり、話があっちに飛びこっちに飛びと経験したことや、見たこと聴いたこと感動したこと、腹立たしく思っていることなど。

 このブログでも話が横道にそれてしまったり、頭のなかに次々に浮かんでくる思いを言葉にしてしまっていますので読まれていて「何?これって。」と思われている方も多いのではないでしょうか。 

 そんな私ですが、以前から娘に「日記を書けばいいのに。」と言われ続けていたのになぜか日記を書かずにきたのです。

 それなのに、こうして今書いているということの不思議も覚えつつ、私ごとでありつつ、私と同年代の方や違った年代の方、どんな方が見てくださっているのかは存じ上げないまま、共感を持ってくださったり「いいや、それは違うでしょ。」と思ったりしてくださっているのではと想像しながら。

 でもあくまでも私の思っていること、感じていることを下手な文章ながら書いているのは間違いないことです。

 娘に言われるように「お母さんはよく怒っている文章が多いよね。」は確かでしょう。怒りは基本楽しい話ではないので、極力書かないようにしたいのですが、まあね、呆れることの多い昨今の日本の報道内容です。「騙して金儲けしようぜ。」的発想の連鎖なのか?そういう輩が昔より増えたのか、昔からいたのかどうなんでしょう。

 こんな駄文を見てくださるというだけでありがたいと思いながら、またこれを書くことから得られる「文章の見直し」「私の癖」など自分に欠けているところを知るという効果もあるのです。進歩のほどはさしてないようですが。

 まず、「ボケ防止」も大きな割合をしめますしね。このブログで、同じことを繰り返し書き始めたら「オイオイオイ、ちょいと危ない傾向が出始めてるよ!」と言ってくださいますよう、伏してお願い申し上げます。

 しょっちゅう言われたらどうしましょう。辞め時になるかもですね。 

 先日も息子から「お母さんは自分のしたいように、書きたいことを書いてればいいんでしょ。」と言われて「はい、そうです。」と答えたばかりです。

 勧めてくれた息子と、読んでくれている娘には私の近況報告になっているようなので、ありがたいことだと感謝しています。

 目を通してくださっている方、「なあんだ、こんななの。」と思われている方も含めて感謝申し上げます。70歳のオバハンの駄文ですのでね。

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。