未分類

ひばり「関東春雨傘」秋ですが

 年齢を重ねるほどに、ひばりさんの歌の素晴らしさをひしひしと感じています。

もうすでに録画はしっかりと、たくさんしてますので、聴きたいな、見たいな(ひばりさんのあのしぐさはDVDじゃないとダメなんですわ)と思ったら、すぐにセットしてひばりさんの世界に入っていけますよ♪

あんなに幼い頃から、プロ歌手としてヒットをたてつづけて、ご家族の不幸もたくさんありながら歌い続けられた歌手人生。

映画も舞台も男役、女役とみごとにこなされる凄さ!男役には宝塚ではないけれど、かっこよすぎて思わず大向うから「ひばり!」と声をかけたくなりますね(^^♪

なんて早すぎたのと、亡くなった年齢を想うのですが。あれだけ全力で駆け抜けられた昭和の時代。そして昭和が終わるときに亡くなるなんて早すぎますよね!

でも数々の歌は歌い継がれていきます、永遠に、、

好きな歌はありすぎて書ききれませんので、悪しからずm(__)m

でも最近、「関東春雨傘」この威勢の良さが気に入ってます。

「関東一円 雨ふるときは さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは 分流し エー エー...エー 抜けるもんなら 抜いてみな さあ さあ~」作詞作曲;米山正夫氏

ひばりさんでなけりゃ、ダメな歌ですよね、まさしく!

たまに、啖呵きりたくなりません?ならないですか?私だけかな!(;^ω^)スカ―ッとしますよ!一度試してみませんか?! 

「愛燦燦」も「川の流れのように」「お祭りマンボ」「みだれ髪」「私は街の子」「ひばりの佐渡情話」「津軽のふるさと」歌いますです(^^♪

================

にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪


にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。