未分類

脳梗塞でリハビリ中だった兄が退院の知らせの電話。でも失語症はまだ。

 6月中旬ころに退院かなとの話でしたが。でもリハビリ治療の順番待ちだそうではありました。そのせいか、リハビリの経過がよかったのか思ったより早い退院の知らせに驚きました。

 少し失語症があるのだけれど、一言連れ合いに(弟に)話がしたいとの電話でした。

 1時間散歩をしてきたと話されたらしいので、運動機能は大丈夫だったのねと思いましたが、やはり言葉が、単語がでてこなくて詰まる状態だったようです。 脳の中などわかるすべもないですが、精密機械の脳のどの部分に損傷が起きるのか、改めて怖い病気だなと。

 脳梗塞も処置が早くてよかったと消防署の方も言ってらしたようでしたが、徐々に言葉が戻ってくれることを祈り、散歩が出来てよかったと安堵もしました。81歳です。

 毎日、天国のお義父さんに手を合わせてお兄さんの回復をお願いしていましたが。

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。