未分類

電動キックボード、危険を承知で認可するのはなぜですか?

 「交通事故を減らしましょう。」のはずですよね。自転車も危ないから「自転車保険」に入っています。自転車に乗っている私が危ないより以上に自転車で怪我をさせたりしたら大変だということで保険に加入しているというのに。

 原付バイクと同じ扱いで、原付バイクの免許もいるしナンバープレートも必要、もちろんヘルメット、自賠責保険の加入もいるようです。

 ですが、シェアとかの名目で貸し出しもされているそうで、ヘルメットもかぶらず、危険な走行を車道で(歩道を走行禁止だそうで)しているケースが増えつつあるとか。マナーだ、モラルだと精神的なことを言って通じる人なら初めからそんな危険な走行などしないと思います。

 マリオカートも最近報道で見ないですが、車道を遊園地で走るようなカートを走らせるなんて危ないことをどうして許可するのかしらとハラハラしていましたが、電動キックボードもどうなんでしょうかねえ。

 日本人は「進取」の気性があるというと聞こえがいいのですが、新しい珍しいものにヮーと群がるように流行していく「きらい」があるように感じます。

 キャンプはコロナ禍にピッタリはまったようで、バーベキューも河原で友人たちと家族でとされるのは楽しくて美味しいのでしょうが、片付けをしないで置いていく人もおられるようですね。

 ゴミは捨てないで拾ってもらいたいですわ。「一日一善」じゃないですが、そんな風潮になってほしいものです😊

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。