未分類 PR

IH コンロのエラーを告げる美しい女性の声に

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 トレイに魚の切り身を並べて、さあスイッチオン。すると「扉が閉まっていません。」と美しい女性の声で言い続けるのでした。およそ1か月前から。

 購入した電気店のフリーダイヤルに初めて電話をしました。まだまだ保証期間中ですし。

 電話口の男性からいろいろと注意事項を聞きまして「メーカーから修理の日時の連絡をさしあげますので。」と切れました。

 それにしてもそれまでは魚焼き器は作動していたのにどうして?と府が落ちないでいた私でしたけれど。この間は終活や、暮れにお正月、連れ合いのCT結果の不安要因と慌ただしく過ぎていて、魚焼き器のことなど取り紛れてしまっていたのです。

 入院しなければならないと医師に言われた連れ合いは日当たりの良い南側の椅子に座って本を読んでいたと思いきや、突然「魚焼き器は保証期間中やないのか?」と私に言ってきたのです。私は「魚焼き器の事よりも、優先順位のある問題で頭がいっぱいなのに。」と胸の内でいらだちながら購入した電気屋さんに電話をしたという次第なのです。

 連れ合い本人が一番不安であることは承知していたつもりですが、強がりの気性ゆえ怒って声を荒げる矛先は私なのです。

 私は私で胸の内ではおさまらず「魚焼き器なんかより優先事項があるでしょうに。」と言い返してしまっていました。

 私がパソコンに向かい始めたら、寒いにもかかわらず連れ合いは外へ出ていきました。怒気がこもった家を出たのでしょう。頭が冷えた様子で帰宅しましたから。

 電話の男性が話された注意事項のなかに使用者の使い方の不備だった場合は出張費用をいただきますとの項目がありました。

 夕方になってから、さて一度腰を落ち着けてIHコンロを見てみましょうかと、懐中電灯で内部を照らしてどうやってスイッチオンになるのかシステムを見てみることに。

 「なるほど!こんな簡単なシステムなのね。これでドアが閉まっていないということは?」とトレイを置く枠組みの位置に問題があるのかもとやり直してみたのです。

 すると!やっぱり!正常に動くではないですか!

 私は枠を触った記憶がありませんので、とはいうものの、ですわ。二人して記憶が明確かというと疑問符だらけの最近です。

 理系ではない私ですが、同じく理系ではない連れ合いよりはまだ好奇心のある分だけやったあって感じ?!(たかが枠を動かしたくらいで、おおげさですかねえ(^-^;

 修理依頼の電話、取り消しました。出張費を支払う羽目になってしまうところでしたわ。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です