未分類

Students Charity for Ukraine の活動

scenic view at the banff national park

日本でも厳寒のこの季節。昨日の夕方の報道でUkraineで空襲警報がなる中、地下室に避難する幼い子どもたちの顔を見ました。暗闇で冷たいボルシチを食べなければならない女性。

上記の学生さんたちがUkraineに出向いて、現地の状況を見て「なにかしなければ」と防寒着をUkraineに送る活動をされているのを知りました。私が知ったのが申し訳ないことに締切から2日遅かったのですが、メールをおくりました。

返信メールを拝見すると「Ukraineの春はまだ寒いので、来春も行いますので送ってくださるとありがたいです。」とありました。

日本国内でも寒い冬を越さなければならない方もおられるとは思いながら。。

今日録画で見ました「題名のない音楽会」はクリスマス特集でした。必ず最後に出る言葉が「クリスマスは親切と、許しと、恵みと、喜びのとき」チャールズ・デイケンズ 🎄でした。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。