未分類 PR

お天道様じりじり・湿度じめじめ💦

Blue sky with sunlight
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 いよいよ日本の夏到来🌞

 汗がじっとりと肌の毛穴から出てくる感じ。不快なものですが、こうして体温調節をしているのだと思うしかないですね。とはいっても、汗臭いのはいやなものです。

 若かりし頃、「わきが」ではないかと汗をかくと気が気じゃなくて悩んだものでした。嗅覚が鋭かったせいか?自分自身の汗が臭うのです。

 脇の下に汗止めパウダー等使っていても、エレベーターなど狭い場所は苦手でした。臭うのでは?と強迫観念に襲われていたものでした。

 私の母が少しそのきらいがあったようで、子供のころに感じていました。それほど不快なものではなかったのですが。

 悩んでいても解決しないと少し離れた町の「わきが」専門の病院に行ったのを覚えています。今のようにSNSなどなかった時代に、どうやって探したのか?その当時は分厚いタウンページと言ってましたか?電話番号の載っているのが配布されていたので、それで調べたんでしょうね。

 そこで医師から「あなたはわきがじゃないです。ドアを開けて入ってこられる段階で臭うものですよ。あなたはそうじゃないから。」と言われて初めて「そうなんだ。」と納得してホッとしたのを覚えています。

 とはいえ、汗止めはずっと今も続けていますけどね。嗅覚は必要なものです。食べ物の痛みやすいこの季節には特に。連れ合いは「鼻が悪いから、まったくわからん。」と言いますので。それはそれで困るんですけど。

 味覚も私は口の中で「かび臭い!」と感じたりして食べられなくなったり。卵も先日は「生臭い味が。。」と大好きなのに拒否反応が出てしまいまして。飼料の臭いかなと。

 原始的なのでしょうかねえ(-_-;) 私って。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です