未分類 PR

テレビの存在はCMの為かと思うこのごろ

Ice Pattern, Sea of Okhotsk (NASA, International Space Station, 04/14/14)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 悲惨な報道や、驚きの内容、あらゆるものをバラエティー番組よろしく細切れに流しています。悲惨なニュースを流していたかと思うとサッとコマーシャルになって、CMを見せるためのニュースですか?と思うこのごろです。

 その切り替えの早さに唖然として「もう!こんな放送のやり方っておかしいでしょ!」とテレビの電源を切ります。

 すべてではないかもしれませんが、そういった放送の流し方が多くなっているように感じています。

 私が小学生低学年のころにテレビが家に届いたときの感動や喜びはすでに遠のきました。

 自宅に居ながらにして、国内や海外の美しい景色や、人々の暮らしぶり、鮮やかな自然の美を見られるのは進歩したテレビがあってこそだと思ってはいるのですけど。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です