未分類

午前中は「肺がん検診」に。水ようかんを作りながらも、認知機能のことやら想いをめぐらして。

 だんだん検診に行くのも、以前とは違う気持ちになってきています。連れ合いが一昨年の夏の検診で「肺がんの疑い」と保健所から封書が届いたのが無意識下で「トラウマ」(少しオーバーですかね)になっているのかもしれません。それに体のあちこちに不具合が起きてもおかしくない年数を生きてきたという実感もありますしね。

 でもなんか言われても、検査、検査はしたくないとの気持ちもあるのです。40歳代は「まな板の上の鯉だ!」と悪いところは治してもらおうと、いろんな病気で入院したり、手術もしていただきましたけど。まあ。結果待ちです。 

 今日は愛すべき「大谷翔平君」のホームランダービーでしたね。ちょうど留守にするので録画予約をしてでかけました。スマホで結果を見てしまい、残念でした!!帰宅してビデオを見ると、あの翔平君が「疲れたア!」と言う顔をしているじゃないですか?!でも、いい経験になりましたねえ(^o^)

 遅いお昼ごはんを食べてから、「あずき」の煮たのを計量して寒天を煮溶かして混ぜながら火を通し、粗熱を取って型に入れて今、ヒエヒエ中で〜す🍧

 昨日の知っている女性の変わりようには衝撃を受けました。この前まで「こんにちは」と挨拶していた人が家への帰り方がわからない。でもお顔を見ると何も変わっていらっしゃらないのですから。お一人でどう暮らしておられのかしらと心配になりますが、親しくされている方が手伝っておられるのかとも。

 ほんとうに人間の体の不思議さ、精密機械のように、臓器同士がコミニュケーションを取り合って体のパーツパーツが動いてくれて生きていられるのだと知れば知るほど宗教心のない私も「大いなる創造主」がおられるのではないかと思えてなりません。

 Ai兵器がすでにできているとか、怖いことですが、人間を殺傷するなどという行為をロボットにさせるなんて、とんでもないと思います。人間は命を寿命の尽きる日まで全うするために、この地球上に生まれてきたのです。その生命をロボットに無残に殺させるなど、狂気の沙汰です。

 「人間は戦争によって人口を抑制してきた」とか「必要悪」のごとき言い方を聞いたことがありますが、そんなむごいことってあるでしょうか。命には必ず限りがあるのです。戦争はしてはいけないものだと確信します。

 今、今年になって初めて「セミ」の「ミンミンミン」というのが聞こえてきました!「セミ」も3日間の命のために地上に出てきて精一杯鳴くんですよね。人間も同じです。無残に命を断っていいわけがありません。

 水羊羹が美味しく出来れば、娘にも少しおすそ分けしたいですね。仏様にもお供えして、生きたくても生きられなかった多くの人達に「鎮魂歌」を送る8月が近づいてきています。⭐⭐🌞🌞

================
にほんブログ村のランキングに参加中です。いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。