未分類 PR

真夏の夕べのミステリー

worms eye view of spiral stained glass decors through the roof
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 突然私の首に圧迫感が==== 

 「何?!何なの?」と恐怖が押し寄せて。。

 「あっ!!」と思い当たることが〜 

 スカーフが、スカーフが、、、、自転車の車輪に巻き付いてしまっていたのでした。

 首の日除け用に巻いていたリネンのスカーフを外して、ショルダーバッグに結んでいたのをすっかり忘れていて。

 健康診断の帰りの自転車のときも、夕方スーパーに自転車で走っていったときも何も起こらなかったのに。

 それゆえに災難は突然来るのだと知らされた私。でも、でも家の近くまでたどり着いた道で起きた災難で助かったのです。交通量の多い交差点でそれが起きていたら?

 健康診断の帰りと、スーパーに向かった折りの2回は災難をたまたまくぐり抜けたから、気づかずに3回目の恐怖がきたことを思い知らされたのだと。

 たかがスカーフでさえ脅威になるのだと知ることができたのは教訓になりました。 

 スカーフは音もなく落とすことが多いので、バッグに結びつけるのも短くしないと危ないのです。これが電車のドアでも恐ろしいことになりますから。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です