未分類 PR

「終活」に見る己は露のごとし

purple leaf
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 「生きる」ということはいろんな欲を持つことなんだと、忘れていたものを手にしてタイムトリップしながらの作業。

 贅肉やギトギト脂を落としたような感ありですが、年齢もあるからですかねえ? 脂がこそげ落とされ過ぎて枯れないようにしなくっちゃという気もしています。

 幼かった子供たちの思い出の品を見つけた娘が「私なら捨てるね。」とクールな言葉。 

 いずれは捨てられて、忘れ去られるのです。すべてのものは。

 今はまだ置いておきます。

 それにしても、光陰矢の如しとは名言なり。太陽と月は再びもとに戻ることがなく、人間はその月日の下で葉っぱの上の露のごとき存在。ころころと転がり落ちるそのときまで、せいぜい愉しみましょうか。

================
にほんブログ村「団塊の世代」カテゴリーのランキングに参加中です。
いつも応援クリック有難うございます♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

【これで安心!】弁護士が教える自分と家族の生前整理ノート| エンディングノート、相続手続、相続 手続き、準備、終活ノート、終活、遺言、遺品、遺言書 作り方 書き方、生前 手続き、生前贈与 楽天で購入

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です